本文へスキップ

床暖房住宅のハウスメーカー|ユニバーサルホーム加盟法人

TEL. 0748-38-8880

〒523-0015 滋賀県近江八幡市上田町1293-1

採用情報RECRUIT

ワークに転職してきた社員インタビュー

気になる社員をお選びください。(写真をクリック!)

住宅一筋、ワークホームズが誇る
イケメン店長!
未経験から入社後、2年でトップに!
ワークホームズのエース!
コワモテだけど、実は優しい。
ワークホームズの名物男
     
社員表彰の常連!
営業経験豊富なベテラン店長!
齢33にして4児のパパ。
ワークのこれからを担う若き猛牛!
爽やかな笑顔で現場をしっかり監督。
ワークの頼れる二級建築士


採用TOPへ


住宅一筋、ワークホームズが誇るイケメン店長!


○○○○○○○○イメージ

山本 祐介

所属/役職:津店店長
年齢:36歳
入社年月:2009年12月(入社8年目)
前職:住宅営業
家族構成:妻・子供1人の計3人
マイブーム、趣味、休日の過ごし方など
:休日は家族サービスに徹しています。趣味はゴルフ。








■前職について、またそこから転職し、ワークホームズへ入社するまでの経緯についてお聞かせください。

私は転職を2回経験しており、いずれも住宅の会社で、1つめの会社では今と同じように住宅の販売営業を行っており、2つ目の会社では営業以外でも工務スタッフとして現場監督をしていました。複数の会社を経験していく中で、「同じ職種、業種でも会社によって考え方や内容が違う」ということに気づき、働く場所を選ぶうえで、その会社の営業の仕方や考え方が自分に向いているのか、また自分に合っているのかということを第一に考えるようになりました。
そういったことを踏まえると、自然に違う職種も含めて転職を考えるようになっていました。 ワークホームズは、職業案定所でたまたま求人を目にし、営業職の業務内容について自分のキャリアが更に生かせると思ったので応募に踏み切りました。
面接時の「ワークホームズは、住宅を施工する会社としてプライドを持っている。自信を持って営業して欲しい!」との社長の言葉や、単純に利益を追求するだけでは無く、本当に良い品質で適正価格の家を提供したいとの会社の考え方に賛同し、「この会社は自分に合っている」と確信して入社を決めました。入社後にギャップを感じる事が少なからずあると覚悟していましたが、実際には面接時に聞いて期待した通りの会社で、逆にいい意味でのギャップを感じましたね。


■住宅関係の仕事を数社で経験されている山本さんですが、そのご経験から、
この仕事のやりがいや、住宅会社としてのワークホームズについて、どう思いますか?


まず、住宅営業の醍醐味は達成感だと思います。お客様からすると住宅を買う事は大きな決断であり並大抵の事ではありません。単純に「物」を売る事では無く人間として信頼して頂く事が大切です。完成すれば感謝される。所得も上がる。これには誰でも大きな達成感を感じることが出来ると思います。
数ある住宅会社の中でも、ワークホームズは住宅販売施工会社としてのプライドがありお客様と社員、両者ともに満足できる会社だと思います。この業界、特に営業は使い捨て等のイメージを持つ方も少なくないと思いますがワークホームズでは社員の教育・将来も大切に考えている会社です。未経験や社歴の浅い営業に対しての研修やフォローの体制も整えられており腰を据えて安心して仕事が出来る体制・雰囲気だと感じています。
また、販売する営業本人が商品に自信が無いと営業は難しいと思いますが、今は大きな自信を持って営業活動する事が出来ていますし、それがこの会社に転職して良かったと思う大きな部分です。
私の妻も、もともと住宅営業に対して「過酷」・「長続きしない」等の悪いイメージを持っていたと思いますが、今は「やりがい」や「責任」を理解してくれていますし応援してくれています。

○○○○○○○○イメージ

■入社4年という早さで店長となられました。当時の感想や、現在気を付けていること、そしてこれからは何を目指していきたいですか?


店長になることは1つの目標でありましたし責任者を任せて頂く事は会社から自分が評価されていると思い単純に嬉しかったですね。それと同時にもちろん不安もありましたが、任せて頂いた以上は責任を持って務める覚悟をしました。
現在店長の仕事を行っていく中で、会社への貢献は勿論の事、部下に対しての責任も強く感じています。皆家族が有り、生活があります。そういった意識を持って部下指導・育成も行っています。
これからの目標は、個人的には会社にとって自分は無くてはならない存在になる事です。 そして住宅販売施工会社としてプライドと自信を持ってお客様・社員ともに満足できる会社を継続、そして更なる向上を目指していきたいです。


■ワークホームズへの転職をお考えの皆様へ、メッセージ

住宅営業という職は、「過酷」・「使い捨て」等、悪い印象が有り良いイメージが少ないと思われている話しをよく聞きますし、私も転職にするにあたって心配だったのは事実です。しかし、どのような職種でもそうですが努力が必要ですしまた辛い事はあると思います。 ただその先にある達成感がこれほど大きい仕事はなかなか無いと思います。
また、社員に対してとても仕事がやり易い環境がこのワークホームズには整っていると思います。「喜んで貰える仕事がしたい」、「沢山稼ぎたい」等、理由は人それぞれ違うと思いますがそういったチャレンジ精神のある方は大歓迎ですしきっとワークホームズに合うと思います。



このページの先頭へ


未経験から入社後、2年でトップに! ワークホームズのエース!


○○○○○○○○イメージ

粟 勇士

所属/役職:長浜店 店長
年齢:33歳
入社年月:2010年7月 (入社7年目)
前職:現場監督、土木設計
家族構成:夫婦、息子1人
マイブーム、趣味、休日の過ごし方など
:高校野球観戦、息子と遊ぶこと








■前職について、またそこから転職し、ワークホームズへ入社するまでの経緯についてお聞かせください。

前職では、土木の分野で現場監督や、市役所から委託される土木設計業務に携わっていました。そこでの仕事は、とても幅広い分野の業務内容でしたが、一つ一つの分野に対して知識が浅いままになり、仕事をしていて達成感が薄く、もっと一つのことに対しての知識、技術を磨き、その道のプロになりたいと思うようになりました。例えば『家のことなら任せてください!』と言えるような仕事に就きたくて転職を考え始めました。
そんな折、ハローワークへの求人からワークホームズを見つけ、面接を受けました。他社の面接も受けましたが、「営業スタッフでありながら、営業だけでなく設計分野も関わることができること」にかなり興味を持ち、決意しました。もしかしたら営業分野だけなら入社していないかもしれません。また、面接時にモデルハウスを訪れて、『こんな職場で毎日の日常業務を勤めたい』と思いました。


■ワークホームズへ入社後すぐは、どのように仕事をしていましたか?

まず、自分の想像では住宅営業といえば飛び込み営業的なイメージでしたが、お客様のモデルハウスへの来場も多くあったことが入社後のギャップとしてありました。
前職とは畑違いな職種でしたので、最初は覚えることがたくさんあり、一生懸命業務に取り組むことしかできませんでしたが、初めてお引き渡しさせて頂いたお客様が涙目で『ありがとう』と言っていただいたときに、仕事に対する責任感と、「自分がしたかった仕事はこれだ!」ということが明確になりました。

○○○○○○○○イメージ

■入社2年目でトップ営業マンになられた粟さん。
今のご自分があるのは、どうしてだと思いますか?


入社当初は正直、失敗続きで周りのスタッフと比較しても劣る方でしたが、『粟は絶対に芽が出る』と上司の方に長い目で付き合って頂きました。その当時の上司の存在と、自身の人一倍の失敗経験がなければ今の自分はいないと思います。
そういった経験もあって、今では、本音で仕事を楽しんでいると言えます。前職の時よりも、朝起きた際に『今日はどんな一日にしようか、どんな仕事をしてやろうか』と自然と考えるようになり、必然と妻にも話してしまうくらいです。
妻には、営業という職種で不安定な部分もあり心配をかけることもありますが『家で楽しそうに話してくる姿を見ると安心する』と言って温かく見守ってくれています。自分が仕事に一生懸命になれるのも妻の協力があってこそだと思います。本当に感謝しています。 ここまで成長できたのも今までの上司や周りの方々、そして家族のおかげです。お世話になった恩はこれから返していこうと思っています。これからも本当のプロを目指し続け、会社の将来を担う若いスタッフへ想いを継承していきたいと考えています。


■ワークホームズへの転職をお考えの皆様へ、メッセージ

自分も転職を2回経験しています。以前の会社で周りのスタッフに恵まれなかった方や、成果を自分で成し遂げたい方は是非とも一緒に当社でライバルとして切磋琢磨していきましょう。
自分から見たワークホームズは、全ての人が近い存在である会社です。自分は、以前の会社のときは知らない顔、知らない名前の方が多かったですが、ワークホームズでは独自に行っているイベントや懇親会も多くあり、他の社員の方とのコミュニケーションを取る機会と場が多く、ここではすべての仲間とアットホームに過ごすことができています。 まだ見ぬ良きライバルと仲間に出会えることを、心から楽しみにしています。




バナースペース


株式会社ワークホームズ

本社スタッフBLOG
〒523-0015
滋賀県近江八幡市上田町1293-1

TEL 0748-38-8880
FAX 0748-38-8881